指揮者 プロフィール
福田 隆
福田 隆
熊本市出身

東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業。
同大学院修了。

1973年以降、パーカッショングループ72(以後PG72)のメンバーとして、打楽器音楽の普及に努め、作品の委嘱、初演等行う。
1976年以降、NHK交響楽団を始めとする在京のオーケストラ、九州交響楽団、室内楽、現代音楽祭等に打楽器奏者として出演。
1979年 ギリシャのアテネで行われたISCM国際現代音楽祭にPG72のメンバーとして参加。
1982年 帰熊後、熊本ユースシンフォニーオーケストラの指揮者に就任。以後、
熊本大学
九州大学
長崎大学
九州芸術工科大学
立命館アジア太平洋大学
等の学生オーケストラ、及び福岡、佐賀、長崎、佐世保等の市民オーケストラの指揮者、トレーナーを務める。
1985年より現在まで毎年、熊本バレエ劇場「くるみ割り人形」を指揮。
1986年 第21回熊本県文化懇話会新人賞受賞。同年9月より1987年7月までロータリー財団留学生として、ベルリンフィルハーモニーオーケストラ・カラヤンアカデミー留学。
1990年 熊本学園大学グリーンフィルハーモニックオーケストラの発足と同時に指揮者に就任。現在まで14回の定期演奏会を指揮。
1992年 東京都民芸術祭 東京シティーバレエ「くるみ割り人形」を指揮。
(於東京文化会館 オーケストラ 新星交響楽団)
1993年3月より9月まで、熊本市「人づくり基金」を得て、ザルツブルグ・モーツァルテウム・オルフ研究所留学。
1999年 大分県立芸術文化短期大学打楽器科学生によるアンサンブル「パーカッショングループミレニアム」を結成。以後、現在まで8回のコンサートを開催。
2000年8月 熊本県吹奏楽連盟45周年記念、熊本県中学・高校選抜吹奏楽団アメリカ演奏旅行を指揮。(ニューヨーク、ボストン)
2001年 パーカッションアンサンブル01を結成。「音のツボ〜うたうパーカッション〜コンサート」を熊本、神戸、山梨、千葉等で開催。

現在 国立音楽大学教授。熊本大学、玉名女子高等学校講師。

戻る